1345781724590_SERVER_001_1345703410333_image1
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 18:29:08.32 ID:P1JXo4we0
    車「はよいけカス」

    歩行者「はよいけカス」

    車「もういい行くわ」

    歩行者「もういい渡るわ」

    うおおおお

    車「殺すぞ」

    歩行者「うおお」

    引用元: 車「渡れや」 歩行者人「行けや」

    【車「渡れや」 歩行者人「行けや」】の続きを読む

    01-tramontana-r-press_m




    1: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 2013/12/06(金) 10:55:14.04 ID:lRfW/d5+0
    マセラティMC12 VERSIONE CORSE!!
    http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org4717101.jpg

    引用元: 1台だけどんな車でも買ってもらえるとしたら何がいい?

    【1台だけどんな車でも買ってもらえるとしたら何がいい?】の続きを読む

    1: ぬこ(埼玉県) 2013/06/18(火) 02:21:11.84 ID:tVNdjDRvP BE:703754742-PLT(12001) ポイント特典
     
    去る3月、起亜自動車が21年間、
    車両を1台も売ることが出来なかった
    日本法人を撤収していたことが
    一歩遅れて知らされた。

    11日、
    起亜自動車によればこれらは
    去る3月日本現地法人
    ”KIAジャパン”を日本進出21年ぶり
    に完全に撤収した。

    KIAジャパンは去る
    1992年設立された完成車
    および部品販売業者だ。だが、
    21年間、日本市場で
    車をただ1台も売ることができなかった。
    また
    現代車グループに引き受けられながら
    部品販売業者としての
    役割も微小になりながら
    電撃撤収を決めることになった。

    先立って
    現代車は2001年から
    乗用車の部門を2009年販売不振などの理由で
    日本で撤収させたことがある。

    現代車日本法人は去る2001年から
    2009年まで9年間全1万4000台余りの
    車両を販売する結果に終わった。

    日本市場で相次いだ苦杯をなめた理由は、
    国内車両が日本車と差別化された部分がなく、
    性能でも突出する部分がなくて、
    日本人たちの閉鎖性、
    日本国内の需市場の成長停止などが
    理由にあげられている。

    "日本突き進めないね"起亜車撤収した(韓国語)
    http://auto.daum.net/review/newsview.daum?page=2&newsid=MD20130617132741537

    【韓国 「KIA自動車が21年間、日本で1台も売れずに撤退した。日本人の閉鎖性が原因ニダ」】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13(木) 10:00:10.82 ID:CqamkieIi
    日本車はくそダサくしないとダメなルールでもあんの?

    【外車ってほぼ全てが圧倒的にかっこいいのに日本車はクソダサい】の続きを読む

    1: ツシマヤマネコ(千葉県) 2013/06/01(土) 11:58:04.71 ID:10rS6Njz0 BE:522883384-PLT(12001) ポイント特典
    クラウンマジェスタの
    フルモデルチェンジが2013年7月に実施予定

    昨年2012年12月は新型クラウン
    アスリート/ロイヤルのフルモデルチェンジが行われた。
    残るマジェスタも2013年7月に
    フルモデルチェンジを受け、新型へ移行することになる。

    次期マジェスタの大きなポイントは、
    ハイブリッド化である。
    搭載されるハイブリッドユニットは
    V6 3.5Lの2GR-FXE型。
    これは先代クラウンハイブリッドに搭載されていたものの改良版にあたり、
    既にレクサスGS450hとして採用実績のあるFR車向けハイブリッドシステムである。
    V6 3.5Lの直噴ガソリンエンジンが発生する最高出力は295ps、
    最大トルクは36.3kgfm。
    これに200ps、28.0kgfmのモーターアシストが加わり、
    システム全体の最高出力は348psとなる。
    V8 4.6Lエンジンを搭載する
    現行マジェスタの最高出力は347psであるから、
    新型はダウンサイジングながらも
    ハイブリッドシステムにより現行モデルを僅かに
    上回る出力が確保されることになる。

    GS450hのJC08モード燃費は18.2km/Lであったが、
    マジェスタについてもこれに近い数値となることが予想される。
    現行マジェスタの9.1km/Lと比較すれば、
    JC08モード燃費の向上は実に2倍程度ということになるだろう。
    採用されるパワートレインはこのV6ハイブリッドの1タイプのみ。
    歴代マジェスタを見ても必ずラインアップしてきたV8エンジン搭載車は、
    現行モデルで終了ということになる。

    また、ホイールベースについては、
    新型クラウン アスリート/ロイヤルを基本に75mm程度の延長を受ける可能性が高い。
    ベースグレードの車両価格は700万円程度が想定されており、
    これは612万円からラインアップする
    現行モデルより値上がりすることが予想される。

    http://car-research.jp/toyota/crown-majesta-2.html
    ベストカー情報
    no title

    【【画像あり】新型クラウン・マジェスタのデザインがやばそう】の続きを読む

    このページのトップヘ