画像

    1: ボブキャット(山梨県) 2013/06/12(水) 23:09:19.03 ID:QW1xYHRx0● 
     
    警察車両に漢字

    no title


    no title



    高速道路が完全に日本

    no title


    no title


    no title



    動画
    http://www.youtube.com/watch?v=pTQ2C978xVc




    ソース
    [FF15]シリーズ最新作PS4で開発へ 
    「FFヴェルサス13」からタイトル変更
    | ホビー | マイナビニュース
    http://news.mynavi.jp/news/2013/06/11/115/

    【【画像あり】ファイナルファンタジー15は日本が舞台か?】の続きを読む

    1: しぃ(大阪府) 2013/06/06(木) 13:51:10.17 ID:cGvSW3aQ0 BE:828126656-PLT(12000) ポイント特典
    動物に関連する番組を提供するチャンネル、
    「アニマルプラネット」が最近放映した内容が、
    海外で物議をかもしています。
     

    このチャンネルは最近の放送で、
    人魚の特集を行いました。
    人魚とは半人半魚の空想上の生物とされています。
    人魚のさまざまな噂を検証するという内容だったのですが、
    そのなかで紹介された動画に、謎の生物が
    映りこんでいるのです。これは本当に人魚なのでしょうか?
     
    番組で紹介された動画は、
    グリーンランドの近海600メートルの海底を撮影したものです。
    海洋学者トーステン・シュミット氏の
    研究チームは小型の潜水艦で、海底探査を行っていました。
    すると、突然船外から
    人の手のようなものがあらわれたのです。
     
    船外から窓に触れた生物は、
    くるりと体をひるがえしてどこかへと逃げ去りました。
    その姿は今まで知られている海洋生物とまったく異なります。
    人魚のような体つきをしていると言っても良いでしょう。しかし映像に
    映っているのは、ほんの一瞬であるため、
    その全貌をとらえきることはできませんでした。
     
    この日の放送は、
    記録的な視聴者数を獲得したそうです。
    謎に包まれた人魚の存在に、高い関心が集まった
    のではないでしょうか。
     
    しかし、放送内容に疑問を持つ人も少なくありません。
    一部の海外メディアでは、でっち上げとの指摘もあります。
    ですが、公開された映像を見る限り、
    説明のつかない生物が映っていることに間違いないのです。
    はたしてこの生物は人魚なのでしょうか。謎は深まるばかりです……。

    http://rocketnews24.com/2013/06/06/337338/

    no title

    http://www.youtube.com/watch?v=8ROaTfBILM8


    【【画像あり】グリーンランド近海で人魚の撮影に成功【動画あり】】の続きを読む

    1: アメリカンカール(チベット自治区) 2013/06/01(土) 18:40:47.69 ID:wmRY7Jq4T● BE:709119656-PLT(12000) ポイント特典
    http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130601/waf13060113510015-n1.htm

    毛虫が木にびっしり 
    壁一面にウヨウヨ 大量発生なぜ…?
    2013.6.1 13:50 (1/2ページ)
    no title

    マイマイガの幼虫=奈良県生駒市

     奈良県生駒市と大阪府交野市の府県境付近で、
    ガの一種「マイマイガ」の幼虫とみられる毛虫が大量発生し、
    市民から両市などに通報が相次いでいる。
    過去に20年ほどの周期で大量発生した例はあるが、
    原因は不明で、生駒市は駆除に追われている。
    専門家は「成虫になって拡散し、
    来年さらに広範囲で大量発生する可能性もある」と指摘する。

     生駒市によると、
    最初に情報が寄せられたのは5月13日。
    その後も連日のように「木が毛虫だらけ」「壁一面に毛虫」
    などの通報が相次いだ。
    数百匹の毛虫が公園を埋め尽くしていた例もあり、
    市の担当者が「足の踏み場もない」と驚いたほ
    ど。交野市の「大阪府民の森」でも
    大量発生した毛虫が手すりなどを覆ったという。

     マイマイガの生態に詳しい東京薬科大の
    東浦康友教授(生態学)や生駒市によると、
    過去には平成14年に北海道で、20年には岩手県で大量発生。
    関西では昭和46年に京都、滋賀、和歌山の各府県で、
    平成5年ごろには大阪府能勢町で大量発生した。

     幼虫には殺虫剤が効くが、
    成虫が大量発生すると殺虫剤では追いつかない。
    ただ通常、大発生は1~2年で収束する。
    小さい子供や肌の敏感な人が触れると、かぶれる例もある。

     生駒市では、小学校の通学路に毛虫が大量発生し、
    木から次々と落ちてくるため「何とかして」と保護者や学校が要望。
    市は専門業者に委託して薬剤をまいている。
    職員も薬剤散布のため公園などを回っているが、
    大量発生は収まる気配がない。
    市の担当者は「生活環境を維持するため、
    出た先で駆除していくしかない」とため息をつく。

     東浦教授は「大発生のメカニズムは正直分からない。
    襲ってくることはないが、自分から近づいてさわらない方がいい」
    と話している。

    【【観覧注意】毛虫が木にびっしり 壁一面にウヨウヨ 大量発生なぜ…? 大阪【画像あり】】の続きを読む

    このページのトップヘ