画像

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/22(金) 19:20:50.02 ID:6s1eEz4v0.net
    中川かのんちゃん!
    神のみ2
     

    引用元: cv.東山奈央で一番かわいいキャラといえば

    【cv.東山奈央で一番かわいいキャラといえば【※画像あり】】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 20:10:10.35 ID:jPQR3TUiP
    1人で食べるんだ……

    no title

    引用元: えへへ……宅配ピザ頼んじゃった(´*・ω・*`)

    【えへへ……宅配ピザ頼んじゃった(´*・ω・*`)】の続きを読む

    1: 足4の字固め(埼玉県) 2013/12/10(火) 15:25:25.08 ID:0o+vYsKdP BE:4673441096-PLT(12050) ポイント特典
    女性比率が極端に高いラトビア、男子留学生にとっては天国!?

    ラトビアの気候は温暖で、極端な温度変化がないため、
    非常に住みやすく、絵にかいたような美しい自然が多く残る。
    また、独特の文化も豊富だ。さらに、
    オリジナリティーあふれる教育という分野でも、
    一定の基礎と実力を備えている。

     ただ、男女比率という面では、女性100人につき男性84人と、
    世界で最も男性の割合が低い国となっている。
    第二次世界大戦当時、
    旧ソ連の支配にあったラトビアは全域がナチス・ドイツの軍政下に入り、
    同軍が撤退するのが
    最も遅かった戦闘の激しい地域でもあったため、
    男性の比率が全体的に低い旧ソ連圏の中でも、
    特に男性の少ない国となっているのだ。
     男女比率の偏りがもたらす、
    一番の悩みはやはり結婚だ。
    ラトビアの女性はロシア人女性の美しさと、
    西ヨーロッパの女性の優雅さを兼ね備えており、さらに、
    高い教育を受けていることも少なくない。
    そんな才色兼備の女性をめぐって、
    多くの男性が取り合いをするというのが通常だろう。

    しかし、ラトビアでは、女性は男性に対して高い基準を設けることはできず、ほかに結婚できずに独身のままの女性がいるということを考えると、
    そこそこの男性とめぐり合って結婚できれば上等となるのだ。
    http://j.people.com.cn/94475/8011344.html

    no title

    no title

    http://j.people.com.cn/mediafile/201211/09/F201211090818351482918271.jpg
    http://jp.xinhuanet.com/2012-06/23/131671457_2951n.jpg
    no title

    引用元: 金髪美女率世界NO.1のラトビアの女性 「助けて!国に男性が少なすぎて結婚できないの(´;ω;`)」

    【金髪美女率世界NO.1のラトビアの女性 「助けて!国に男性が少なすぎて結婚できないの(´;ω;`)」】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08(日) 14:16:49.86 ID:6Shd3ABD0
    no title


    マウス操作楽すぎwwwwwwwww

    引用元: この姿勢でパソコンやるの楽すぎワロタwwwwwwwwwwwwww

    【この姿勢でパソコンやるの楽すぎワロタwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ