健康

    _SL500_AA300_
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/15(日) 17:14:21.10 ID:GMx7snL10
    あれって若者がやらかす事促進してるんじゃないか?

    引用元: 何でコンビニに普通にコンドーム売ってるの?

    【何でコンビニに普通にコン○ーム売ってるの?】の続きを読む

    h18repo03_9
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/11(水) 10:52:06.86 ID:aiqN6Waj0
    公害なんだよボケ

    引用元: 喫煙者はマジで死んでくれないかな?他人に迷惑かけてる自覚ないの?

    【喫煙者はマジで死んでくれないかな?他人に迷惑かけてる自覚ないの?】の続きを読む

    1: ファイヤーバードスプラッシュ(三重県) 2013/12/10(火) 22:51:17.68 ID:nJki4WQm0 BE:964411182-PLT(12005) ポイント特典
    https://twitter.com/manataku625/status/410400643115778048

    no title


    これマジ!ほとんど油じゃん。“@girls_collect: マヨラーの皆さんへ。

    一度凍らせたマヨネーズを自然解凍すると分離して、
    入っている油のおっそろしい量がわかるらしいです
    ? pic.twitter.com/PYNvNGwFnt”

    引用元: 【グロ注意】 マヨラーは例の油を飲みまくる漫画と全く同じであると証明される・

    【【グロ注意】 マヨラーは例の油を飲みまくる漫画と全く同じであると証明される・】の続きを読む

    img_905906_29966526_0
    1: 稲妻レッグラリアット(京都府) 2013/12/05(木) 21:37:34.81 ID:rZKGt7px0 BE:158633055-PLT(12201) ポイント特典
    サプリメントの摂取が健康を害する!?:研究結果
    イタリアはヴィタミン、ミネラル、オメガ3など、
    健康のためのサプリメントの消費がヨーロッパでいちばん多い。
    しかし有害でないにしても、無駄であることがどんどん明らかになっている。
    ttp://wired.jp/2013/12/05/harm-of-supplement/

    イタリアはヨーロッパで最もサプリメントを消費する国だ。
    2012年に行われた「FederSalus」の調査によると、
    1年に16億ユーロ以上をマルチヴィタミンやさまざまなサプリメントに支出している。
    消費は西ヨーロッパ全体で増加しているが、より多くの証拠によって、
    こうした錠剤が無益であり、場合によっては害ももたらすことが明らかになりつつある。
    (略)
    アメリカでは、予防医療タスクフォースが会議を開いて、
    サプリメントを規則的に摂取することが、いままで考えられてきたように
    本当に心臓の問題やがんのリスクを減らすのかについて検証を行った。
    そして、いまのところこれに関して十分なデータがないという結論に達した。
    なかでもベータカロチン(ニンジンやトマトの中に自然に存在する)やヴィタミンが顕著だった。
    そして、マルチヴィタミンには有益な効果はない。むしろ喫煙者においては、
    サプリメントによって摂取されたベータカロチンが、肺がんのリスクを増加させることがわかった。
    (略)
    こうした研究のひとつで、2012年に「Journal of the American Medical Association」に
    掲載されたものは、オメガ3のサプリメントが無益であることを明らかにしたし、
    11年に3万8,000人の女性に対して行われた別の研究は、なんとサプリメントの
    摂取を死亡リスクの増加と関連づけた。マルチヴィタミンを摂取していた人は、
    その後19年の間に死亡する確率が、摂取していなかった人と比較して6%高かった。
    リスクの上昇率は、ヴィタミンBを摂取している場合には10%、葉酸に関しては15%、
    鉄分に関しては10%、マグネシウムに関しては8%、亜鉛に関しては8%、銅に関してはなんと45%だった。
    (略)

    引用元: サプリを飲むな。サプリは無益。それどころか死ぬ。

    【サプリを飲むな。サプリは無益。それどころか死ぬ。】の続きを読む

    1: サッカーボールキック(庭) 2013/11/07(木) 12:09:50.66 ID:lIUQe5g20 BE:6569575889-PLT(12000) ポイント特典
    JTが国内のたばこ事業を再編する見込みだ。
    国内工場は主力4ヶ所に集約し、
    社員の2割弱にあたる
    約1600人が削減される見通しだ。

     日本人の「タバコ離れ」は著しい。
    1960年代には8割の男性がタバコを吸っていたが、
    昨年には3割まで減少。
    もはや喫煙者は少数派だ(「平成25年全国たばこ喫煙者率調査」)。

     タバコに対するイメージも変わった。
    かつては「かっこいいから」と吸い始める10代も多かったが、
    今ではそのようなイメージを抱くのは少数派。
    文部科学省の「薬物等に対する意識等調査」によると、
    タバコを吸う人を「かっこいい」と感じる男子高校生の割合は4.5%、
    女子にいたっては2.4%だ。
    さらに「20歳以上になったらタバコを吸うと思う」と答えた
    男子高校生は7.7%と、
    2000年の調査開始以来、
    はじめて1割を下回った。

     周りの大人が喫煙する姿を目にする機会が減ったことに加え、
    タバコの広告を目にする機会も減っている。
    2004年以降はテレビCMが全面禁止、
    10代にとって身近なメディアである
    インターネット広告も禁止されている。
    こうした影響からか、
    タバコの宣伝を「何とも思わない」
    「宣伝するのはおかしい」「見たことがない」と
    答える高校生が圧倒的多数派だ。

     企業も変わりつつある。
    全面禁煙のオフィスも増え、
    株式会社星野リゾートなど
    「喫煙者は採用しない」と宣言する企業も出てきた。
    理由は、喫煙者はニコチンが切れると集中力が衰え、
    作業効率が落ちること、分煙スペースを設けるために
    顧客へのサービスに当てる場所が減ってしまうこと、
    さらに喫煙者にだけ「喫煙場所」を与えることへの不公平感だ。

     同社は「『なぜニコチン中毒の社員だけを企業は優遇するのか』と
    アルコール中毒の社員が主張したら、
    従業員食堂の横に社員用のバーを設置するのでしょうか。
    ニコチンが切れて集中できないという状況は、
    アルコールが切れて手が震えるという
    状況と差はありません」と説明する。
    賛否両論あるだろうが、
    タバコに対するイメージはここまで変わったのである。
    (編集担当:北条かや)
    http://www.zaikei.co.jp/article/20131104/160612.html

    【若者「タバコ吸うとかかっこ悪すぎワロタ」】の続きを読む

    このページのトップヘ