お酒

    beer_toast-450x354



    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/25(火) 15:51:06.106 ID:lzGDDgcUd.net
    電車の中は酒臭くなるわ、リーマン軍団や学生は騒ぎまくるわ、飲酒運転もあるわ
    絡んできてこっちが手を出すとこっちが悪くなるし
    世の中に酒が無くても困る事ないよな?

    【世の中に酒っていらなくね?】の続きを読む

    c0147116_1348405



    1: セルカークレックス(岩手県) 2013/05/30(木) 07:19:57.64 ID:xzDSxuq90 BE:117115968-PLT(12001) ポイント特典
    “痛風予備軍”のサラリーマンに朗報がある。
    今や「ビールを飲んでも痛風は治る」が新常識なのだ。
    自ら痛風を患った医師らが太鼓判を押す我慢知らずの治療法をお伝えする。

    自らの体を実験台に痛風を克服した体験を
    『痛風はビールを飲みながらでも治る!』(小学館文庫)に記したのが、
    元鹿児島大学病院長の納(おさめ)光弘医師だ。

    納氏は2001年、59歳の時に痛風の発作に見舞われた。
    右足の第2指の付け根に激痛が走ったという。

    「呑兵衛がビールを飲めないのは、痛風になったことより
    ショックだった」という納氏は、
    お酒の種類や量を変えながら半年間で201回の採血と624回もの採尿を行なった。
    そして、
    少量のアルコールは尿酸値を下げる効果があることを突き止めたのである。
    納氏が解説する。

    「日本酒に換算して1日1.5合(270ml)は尿酸値を下げ
    3合(540ml)まで飲むと尿酸値が上がった。
    つまり、適量さえ守れば、ビールを飲みながら尿酸値をコントロールできるのです」

    ビールを飲むことで尿酸値を下げることができるのだ。
    ならば、なぜこれまでビールは痛風患者の目の敵にされてきたのだろうか。
    そして、痛風を引き起こす本当の“主犯格”は何なのか。納氏が続ける。

    「プリン体はウィスキーや焼酎などの蒸留酒にはほとんど含まれず、
    お酒の中で最も多く含まれるのがビールだったために犯人扱いされてきたのです」

    ところが、ビールに含まれるプリン体の量は
    100g中わずか5mgに過ぎない。
    一方でプリン体が多いとされる、
    白子や鳥のレバー、干しシイタケなどには100g中300mg以上が含まれている。

    『ビールを飲んで痛風を治す!』(角川書店刊)の著者、
    元昭和薬科大学教授で、
    現在は病態科学研究所の田代眞一所長(医学博士)も指摘する。

    つづく

    【ビールで痛風はウソ むしろ1日3リッター飲め、尿酸値が下がるぞ】の続きを読む

    このページのトップヘ