no title
    1: FinalFinanceφ ★ 2013/04/28(日) 11:09:20.94 0
    北朝鮮が黄海沿岸で大規模な空地合同火力訓練を準備しているようだ。

    韓国政府の消息筋は28日、
    「黄海に面した南浦の付近地域で航空機と地上の砲兵戦力を動員する
    合同火力訓練を準備している状況が確認された。
    訓練の規模は大きいと予想される」
    と話した。

    日程は確認できていないが、訓練を前後して挑発や短距離ミサイルの発射を行う可能性も排除できないという。

    一方、北朝鮮軍の挑発が迫っているとの兆候は確認されていない。
    韓国軍関係者によると、北朝鮮軍は先ごろ、田植えなど農業作業を支援したりしている。

    ただ、北朝鮮は開城工業団地に滞在する韓国側関係者が全員撤収してから軍事的緊張局面を醸成する可能性もあり、
    韓国軍はあらゆる挑発可能性を想定して準備態勢を維持している。

    北朝鮮は今月初めに東海岸に中距離弾道ミサイル「ムスダン」、射程1300キロの「ノドン」、
    短距離ミサイル「スカッド」を移動させたが、それ以降、特別な動きは見せていない。
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/2013/04/28/0900000000AJP20130428000500882.HTML

    【北朝鮮人民軍、田植えが済んだ後に大規模な空地合同火力訓練を開始か】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29(月) 21:03:30.14 ID:/GnhaBKS0
    no title


             ____     ━┓
           / ―   \    ┏┛
         /ノ  ( ●)  \   ・
          | ( ●)   ⌒)   |
          |   (__ノ ̄   /
          |            /
         \_   ⊂ヽ∩\
           /´    (,_ \.\
             |  /     \_ノ

    【Twitterで10万リツイートされてる画像wwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 英二@まいごφ ★ 2013/04/29(月) 03:01:33.35 0
    韓国政府の開城(ケソン)工業団地撤収勧告により、27日に工業団地内の韓国側人員126人が帰還したが、
    工業団地が完全閉鎖につながるかは今週に最大の山場を迎える見通しだ。核心となるのは電力供給問題だ。

    126人の帰還で工業団地には50人だけが残っているが、彼らは29日に帰ってくる。残留人員は
    開城工業団地管理委員会の職員と、韓国電力やKTなど関係機関の関係者だ。この日の帰還は2回にわけて行われた。
    まず11人が午後2時40分ごろに車両4台に分乗して京義線南北出入事務所(CIQ)に到着した。続いて4時10分ごろに
    115人を乗せた59台の車両が到着した。これで開城工業団地の稼動は完全に中断された。しかしまだ閉鎖は
    確定していない。電力供給のためだ。

    韓国電力は京畿道坡州(キョンギド・パジュ)からムンサンを経て開城工業団地の平和変電所に電力を供給する。
    専門家らは、「電気は機械作動に最も重要だが、電気が絶たれれば工業団地内の機械が故障し始めるだろう」と指摘する。
    工業団地を維持したくても電力供給が中断されれば回復不能状態に陥り再稼働の意味がなくなるということだ。

    工業団地内の電子部品メーカーPK電子の関係者は、「電力供給が1カ月以上止まれば精密機械にさびがついて
    再稼働が難しくなる。光ケーブルメーカーなど一部企業は『機械が壊れるだろう』として地団駄を踏んでいる」と話した。

    この日帰還したある企業の社員も、「電気と工業用水が必要な工場施設が多いが、一度中断すれば空の工場は
    すぐさびつくだろう」と話した。電気が切れれば浄水施設の稼動が中断され、直接・間接被害が拡大する。

    工業用水は現在開城に近い貯水池から取水・浄水した後1日6万トンほど供給されている。

    入居企業のある社員は、「2009年に工業団地を訪問した中国の企業家が、
    北朝鮮が工業団地を独自に運営できるかを尋ねると『インフラが問題』と話した。これは電気と工業用水の問題を
    指摘したものと理解した」と明らかにした。

    北朝鮮が自分で生産した電気で稼動するのも難しい。ある企業の工場責任者は「北朝鮮が生産する不良電気では
    機械をまともに作動させることができず、最初から壊すことになりかねない。特に精密機械は稼動不可能だ」と話した。

    梨花(イファ)女子大学北朝鮮学科のチョ・ドンホ教授も、「北朝鮮は開城工業団地を独自に運営しようとするだろうが
    良質の電気が確保されなければ機械を動かす能力はないだろう」と指摘した。


    ソース:中央日報
    http://japanese.joins.com/article/987/170987.html?servcode=500&sectcode=510&cloc=jp|main|top_news

    【【開城工業団地】送電停止で故障、再稼動不可能になる機械も。北が勝手に送電再稼動しても破損の危険】の続きを読む

    1: あやめφ ★ 2013/04/28(日) 17:16:50.06 ID:???
    フジテレビの“デジタルアナウンサー”杏梨ルネ(22)が6月いっぱいで同局を退社することになった。
    28日、千葉・幕張メッセで行われた「ニコニコ超会議2」で発表された。

    CGを使い、漫画家の江川達也氏(52)がデザイン。昨年10月に入社式も行われ、加藤綾子
    アナウンサー(28)をライバル視していたが、夢の「歌」のために退社を決意。今後はバーチャル歌手・
    初音ミクらと同様に「ボーカロイド」としてデビュー。フリーアナとしても活動する。

    杏梨アナは「アナウンサーという枠を超えて、より幅広い可能性を追求していきたいという
    思いが強くなりました」と退社の理由を説明。退社後については「デジタルの世界で、
    ボーカロイドをはじめとした、さまざまな活動ができたらと思っております」とコメントした。

    同局「COOL TV」ナビゲーターを務めるほか、「ボーカロイド歌謡祭」にも出演した。

    Sponichi Annex
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/04/28/kiji/K20130428005701340.html
    no title

    アナマガ
    http://www.fujitv.co.jp/ana/rune/index.html

    【【アナウンサー】杏梨ルネ、6月末でフジテレビを退社 その後はフリーアナとボーカロイドとして活動】の続きを読む

    1: ケツすべりφ ★ 2013/04/28(日) 17:13:17.70 0
    落語という芸は極めてシンプルであり、それゆえに演者は大事なことを伝える真の
    コミュニケーション能力を、観客はそれを受け取る想像力を求められる。

     だが、最近の日本人はそれらコミュニケーション能力や想像力を欠いているのではないか。
    様々な悲惨な事件が起きる背景にはそうした日本人の劣化があるのではないか──。
    六代桂文枝師匠はそう危惧している。

    ──近年起こっている事件を見ると日本人は情を忘れてしまったようだ。特に若い世代は
    コミュニケーション能力が低下していると言われる。

    文枝:だいぶ前からキレやすい若者が増えたと言われますし、ネットの掲示板では、激しい
    言葉で他人を攻撃したり中傷したりするのが当たり前になっています。

     それに対応することだと思いますが、テレビの笑いの質が劣化しています。今は芸人同士が
    「コイツはこんなアホな失敗をした」とか、「アイツにはこんなひどい欠点がある」といった
    ことを暴露し合い、それを聞いたスタジオにいる出演者が笑うということが多い。つまり、
    他人をバカにして笑いを取るのです。

     ボキャブラリーも貧困で、「アホか、お前は」とバカにするだけ。しかも、バカにされた方も、
    イジられることが人気の証しと思っているかのように、喜んだり得意気になったりしている。

     テレビがそうした安易な笑いを毎日流していると、それを見た子供たちが真似をする。
    しかし、芸人と違い、子供たちの中には傷つく子もいる。イジメられたと感じ、追い詰められる
    子もいるでしょう。

    ──昔の笑いは違った。

    文枝:落語に限らず、昔の漫才やコントは計算し尽くされた芸で笑いを取っていました。
    そこにはユーモアもあれば、ペーソスもあれば、知性もあった。そして、何より情がありました。
    人をバカにした笑いは見る人、聞く人に後味の悪さが残りますが、情のある笑いは心を温かくします。

    ──むしろ日本人は退化しているのかと悲しくなる。

    文枝:そうかもしれませんね。例えば、今のテレビは人間の想像力を削ぐような作り方をする
    傾向が強まっています。

     わかりやすく伝えるためなのかもしれませんが、ドキュメンタリーでもバラエティでも再現
    ドラマを多用し、しかもすべてを説明しようとするようにテロップをやたらとつける。
    そこには視聴者が想像力を働かせる余地が全くありません。いわゆる行間を読む必要がないのです。
    しかし、説明が過剰になることによって、大事なことがこぼれ落ちていくのです。

     そういう環境に慣れてしまった視聴者は、わかりやすいものばかりを求め、想像力を働かせないと
    理解できないものを避けるようになります。しかし、他人の気持ちに想像力を働かせ、
    それを思いやるのが情です。

     最近の日本人が情を失いつつあるのは当然かもしれません。もっと落語のように「間」の
    ある演芸、余韻のある演芸を楽しむ余裕を持つべきではないでしょうか。

    ※SAPIO2013年5月号
    http://m.news-postseven.com/archives/20130428_182738.html

    【桂文枝師匠「昔の漫才やコントは計算し尽くされた芸で笑いを取っていました」「何より情がありました」】の続きを読む

    1: ◆3ZUPU3cydIci @ターンオーヴァーφ ★ 2013/04/29(月) 03:14:34.89 0
    時事通信 4月28日(日)15時26分配信

    サンフランシスコ講和条約発効により、沖縄は日本から切り離され、本土復帰まで20年間にわたり米国の施政下に置かれ、
    過重な基地負担につながった。
    政府が「主権回復の日」と位置付ける条約発効日は、沖縄では「屈辱の日」とも呼ばれる。
    県内では政府に対する怒りや失望の声が広まっている。

    民間人を巻き込む地上戦が展開された太平洋戦争末期の沖縄戦の被害者らが損害賠償と謝罪を国に求めた訴訟で、
    原告団長を務める野里千恵子さん(76)は、主権回復記念式典について、
    「沖縄が犠牲になった日であり、とんでもない話だ。基地が沖縄にあるのではなく、基地の中に県民が住んでいるのが現状。
    お祝いするムードではまったくありません」と憤る。

    米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)から約400メートルの場所に住み、
    米軍機の夜間訓練などで騒音被害を訴える飲食店従業員の赤嶺和伸さん(59)は、
    「沖縄と政府の間には大きな隔たりがある。沖縄が置かれた歴史や現状を分かってもらわないと、
    47番目の都道府県にはなれない」と話した。

    戦後、米施政下の沖縄で本土復帰運動に尽くし、
    那覇市長や衆院議員を務めた故・瀬長亀次郎氏の資料を展示する「不屈館」(那覇市)では、
    「屈辱の日」を資料や写真で振り返る企画展を開催している。
    瀬長氏の次女で同館長の内村千尋さん(68)は「式典開催決定を知り、すぐに企画展を決めた。
    怒りの表現のしようがない。今も沖縄では戦争は終わっていない」と話す。

    琉球大学法科大学院の高良鉄美教授(憲法学)は、日本国内での米軍人・軍属による事件、事故で、
    容疑者の身柄拘束などで日本側が不利な状況に、
    「現在も日本は主権を回復していない。これを屈辱とは思わないのか」と指摘する。
    その上で、「講和条約の発効で、日本が目指す方向へ進んだとは言いがたい。
    4月28日を、国民主権や基本的人権について考える日にすべきでは」と語った。 
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130428-00000046-jij-soci

    【まともな沖縄の方々が本当に気の毒です】の続きを読む

    このページのトップヘ