1: サバトラ(埼玉県) 2013/04/28(日) 11:50:44.18 ID:W002CFulP BE:2215028055-PLT(12000) ポイント特典
    1983年に発売されてから今年で30周年を迎えたファミリーコンピュータ=ファミコン。
    そこで、ファミコンの設計者であり開発責任者であった任天堂の上村雅之氏に、直撃インタビューを行なった。

    no title


    ■ファミコンの色は社長のマフラーの色?

     上村さんがファミコン開発に着手したのが1981年とのことですが、どういった経緯で開発を?

    「私はアーケードゲームの開発部にいたんですが、当時の社長(山内溥[ひろし]氏)から『家のテレビでアーケードゲームを遊べるものを作れ』とお達しがあったんです。
    うちはアーケード版の『ドンキーコング』などが当たっていましたからね」

     相当な勝算があったんですね~。

    「いいえ、勝算なんてありませんよ。あの頃は『ゲーム&ウオッチ』が売れに売れていたので、うちの会社はゲーム&ウオッチでやってくんちゃうの?って思いましたからね。
    持ち歩けてどこでもできるというゲーム&ウオッチの長所は、やはり素晴らしかったので」

     そこへいくとテレビでゲームをするという発想は、その長所をまったく生かせないことに。

    「そうなんです、持ち運びできないテレビを使わなきゃあかんというのはすごく不便だろうと。
    しかもその頃は、ゲーム&ウオッチの部署に人材をどんどん引き抜かれていて、うちのチームは3人しかいなかったんです。もう敗軍の将みたいな状態のときにそのミッションが下されたんですよ。
    開発初期に自分が書いたメモ帳が残ってたんですが、そこにはまぁ将来に展望がないとかなんとか、愚痴のような悲観的なことばかり書かれてました(笑)」

     まさかそんな背水の陣でファミコンの開発がスタートしたとは!

    「当時、アメリカで『Atari 2600』という家庭用ゲーム機がヒットしていたので、最初はそれを参考に作ってみようかと、
    ちょっとずるいことも考えていて(笑)。でも『Atari 2600』は、残念ながら技術的にはまったく参考にならなかったですね。
    もうそこからは開き直りで、アーケード並みにクオリティの高いものを作ってやろうじゃないかと決心したわけです」

    http://wpb.shueisha.co.jp/2013/04/27/18636/



    【 ファミコン生みの親 「最近のゲームは糞。綺麗にしすぎてクリエイターのイメージを押し付けすぎ」】の続きを読む

    1: ノルウェージャンフォレストキャット (新疆ウイグル自治区) 2013/04/28(日) 13:59:41.85 ID:ztr20qSi0● BE:1231509029-PLT(12001) ポイント特典
    http://news.mynavi.jp/c_cobs/news/dogatch/2013/04/post-3906.html
    4月25日(木)の『カンブリア宮殿』(テレビ東京系)は、 日本一の店舗数を誇る讃岐うどんチェーン「丸亀製麺」を展開するトリドール創業社長の粟田貴也氏に迫る!
     「3日に1店」のハイペースな出店を続け、急成長を遂げる秘密とは何か?

     外食産業が低調な中、業績を伸ばし急成長しているトリドールは、日本一の店舗数を誇る讃岐うどんチェーン「丸亀製麺」を展開する企業だ。
    ほかにも焼き鳥ファミリーダイニングや焼きそば専門店など、グループ全体で約780店舗を運営している。釜あげうどん1杯280円と、安さにこだわる巨大チェーン「丸亀製麺」だが、
    店の中を覗けば、そこは「非効率だらけ」。全ての店舗に製麺機が置かれ、毎朝粉から麺を作っている。ダシも店内で昆布やカツオブシなどを使ってイチからとる。
    サイドメニューの天ぷらやかき揚げも、生野菜を切るところから始まる。おにぎりも機械ではなく店員が手で握る…。だから丸亀では、開店1時間半前には仕込みが始まるのだ。
    粟田の創業のきっかけは、アルバイトをしていた喫茶店での出会い。客の「おいしいね、また来るよ」の一言が嬉しくて、飲食業での起業を思い立つ。
    そこで粟田は大学を中退、資金を貯めるために運送業でのアルバイトにいそしむ。そして最初に開いた店が焼き鳥の店「トリドール」だった。「
    丸亀製麺」を立ち上げたのは、父親の生まれ故郷が讃岐うどんの発祥地・香川県だったため。焼き鳥店を出してから15年、試行錯誤を繰り返してきた粟田が挑む常識破りの経営とは?

     テレビドガッチでは、放送終了後にカンブリア宮殿・特別版にて放送を再編集したスペシャル動画を無料で配信中なので、こちらもあわせてお楽しみを!



    【丸亀製麺はマジでうまい カレーうどん最高】の続きを読む

    1: サバトラ(埼玉県) 2013/04/28(日) 21:22:20.73 ID:W002CFulP BE:3101038875-PLT(12000) ポイント特典
    発売中のヤングマガジン22・23合併号(講談社)より、福本伸行「賭博堕天録カイジ 和也編」の連載が約1年2カ月ぶりに再開された。

    「賭博堕天録カイジ 和也編」は主人公・カイジと、帝愛グループ会長の息子・兵藤和也の因縁を描くエピソード。
    ふたりの直接対決を前に休載へ入っていたが、ヤングマガジン22・23合併号掲載の第98話では、
    彼らが挑むギャンブルの種目が明かされた。

    http://natalie.mu/comic/news/89675

    no title

    no title

    no title

    no title




    【【漫画】 「カイジ」 ついに会長の息子、和也との勝負開始!次のギャンブルの種目が明かされる】の続きを読む

    1: ケツすべりφ ★ 2013/04/28(日) 17:13:17.70 0
    落語という芸は極めてシンプルであり、それゆえに演者は大事なことを伝える真の
    コミュニケーション能力を、観客はそれを受け取る想像力を求められる。

     だが、最近の日本人はそれらコミュニケーション能力や想像力を欠いているのではないか。
    様々な悲惨な事件が起きる背景にはそうした日本人の劣化があるのではないか──。
    六代桂文枝師匠はそう危惧している。

    ──近年起こっている事件を見ると日本人は情を忘れてしまったようだ。特に若い世代は
    コミュニケーション能力が低下していると言われる。

    文枝:だいぶ前からキレやすい若者が増えたと言われますし、ネットの掲示板では、激しい
    言葉で他人を攻撃したり中傷したりするのが当たり前になっています。

     それに対応することだと思いますが、テレビの笑いの質が劣化しています。今は芸人同士が
    「コイツはこんなアホな失敗をした」とか、「アイツにはこんなひどい欠点がある」といった
    ことを暴露し合い、それを聞いたスタジオにいる出演者が笑うということが多い。つまり、
    他人をバカにして笑いを取るのです。

     ボキャブラリーも貧困で、「アホか、お前は」とバカにするだけ。しかも、バカにされた方も、
    イジられることが人気の証しと思っているかのように、喜んだり得意気になったりしている。

     テレビがそうした安易な笑いを毎日流していると、それを見た子供たちが真似をする。
    しかし、芸人と違い、子供たちの中には傷つく子もいる。イジメられたと感じ、追い詰められる
    子もいるでしょう。

    ──昔の笑いは違った。

    文枝:落語に限らず、昔の漫才やコントは計算し尽くされた芸で笑いを取っていました。
    そこにはユーモアもあれば、ペーソスもあれば、知性もあった。そして、何より情がありました。
    人をバカにした笑いは見る人、聞く人に後味の悪さが残りますが、情のある笑いは心を温かくします。

    ──むしろ日本人は退化しているのかと悲しくなる。

    文枝:そうかもしれませんね。例えば、今のテレビは人間の想像力を削ぐような作り方をする
    傾向が強まっています。

     わかりやすく伝えるためなのかもしれませんが、ドキュメンタリーでもバラエティでも再現
    ドラマを多用し、しかもすべてを説明しようとするようにテロップをやたらとつける。
    そこには視聴者が想像力を働かせる余地が全くありません。いわゆる行間を読む必要がないのです。
    しかし、説明が過剰になることによって、大事なことがこぼれ落ちていくのです。

     そういう環境に慣れてしまった視聴者は、わかりやすいものばかりを求め、想像力を働かせないと
    理解できないものを避けるようになります。しかし、他人の気持ちに想像力を働かせ、
    それを思いやるのが情です。

     最近の日本人が情を失いつつあるのは当然かもしれません。もっと落語のように「間」の
    ある演芸、余韻のある演芸を楽しむ余裕を持つべきではないでしょうか。

    ※SAPIO2013年5月号
    http://m.news-postseven.com/archives/20130428_182738.html

    【桂文枝師匠「昔の漫才やコントは計算し尽くされた芸で笑いを取っていました」「何より情がありました」】の続きを読む

    1: ケツすべりφ ★ 2013/04/28(日) 09:37:25.92 0
    25日午前、韓国首相室に所属する「対日抗戦期強制動員被害調査および国外強制動員犠牲者
    等支援委員会(以下、委員会)」の事務室(ソウル市鍾路区)で会った朴仁煥(パク・
    インファン)委員長(60)=写真=は憤慨していた。安倍晋三首相が今月23日に国会で
    「侵略の定義は、どちらの観点から見るかによって異なる」と発言したからだ。


     2004年に設立された委員会は、旧日本軍の従軍慰安婦を含め、植民地時代の一般民衆の
    被害を調査・記録する機関。朴委員長は、記録の重要性を強調した。朴委員長は「ユダヤ人は、
    第2次世界大戦が終わった直後から、600万人の被害者の身元把握を粘り強く進め、被害の事例を
    こつこつと集めて巨大なデータベースを構築した。韓国は、解放後60年が過ぎてようやく
    その作業を始めたため、証拠となる資料や被害事例の収集は困難を極めている」と語った。


     朴委員長は「ドイツ人の方が日本人より善良かつ良心的だからユダヤ人に謝罪したのだと思うか。
    ユダヤ人がドイツに対してやったように、もし韓国が徹底して日本に対応していたら、日本が
    このような態度に出ることはなかっただろう」と語った。


     朴委員長は「ファクト(事実)」を強調した。朴委員長は「日本大使館の前でデモを何千回
    何万回やっても、日本は見向きもしない。日本に対しても、ドイツのように事実を前にして
    屈服させるようにしていくべき」と語った。委員会はこれまでの8年間で、200万人程度と推定
    される植民地時代の被害者のうち、約10%に当たる約22万人について「ファクト」の収集を終えた。
    「余りに恥辱的で忘れたかった記憶を、一つ一つよみがえらせていく。そして日本の人々に
    突き付けたい。『あなたの先祖がやったことを直視すべきだ』と」


    キム・ジソプ記者
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/04/28/2013042800171.html

    【「植民地時代の民衆の被害事実を日本に突き付けたいニダ」】の続きを読む

    掲載内容について
     当ブログの掲載記事・画像等は2ちゃんねる掲示板からの転載です。
     掲載されている記事・画像等に関して何か問題があればメールでご連絡下さい。
     確認後、適切な対処を取らせていただきます。





    ブログ名
    すぱいらる速報

    ブログURL
     http://spiral.ldblog.jp/

    ブログRSS
     http://spiral.ldblog.jp/index.rdf

    お問い合わせ
     pipipiiink☆gmail.com
     ☆は@に変えてください。

    リンクについて
     当ブログはリンクフリーです。
     

    掲載内容について
     当ブログの掲載記事・画像等は2ちゃんねる掲示板からの転載です。
     掲載されている記事・画像等に関して何か問題があればメールでご連絡下さい。
     確認後、適切な対処を取らせていただきます。

    このページのトップヘ